クレジットカード

  • 各種クレジットカードの利用が可能です。
  • ※自費診療に限ります

お知らせ

求人情報

facebook

横浜市旭区鶴ヶ峰(白根)の歯医者は口コミ評判1位|横浜セントラルパーク歯科

  • 横浜市旭区鶴ヶ峰(白根)の歯医者は口コミ評判1位|横浜セントラルパーク歯科
  • 0120-698-877
  • 平日 / 午前 9:30~13:00 午後 14:30~18:00
  • 土曜 / 午前 9:30~13:00 午後 14:00~17:00
  • 休診日 / 日曜,祝日

インプラントが不安な方へ

インプラントについての不安やお悩み、何でもご相談ください!

インプラントについての不安やお悩み「インプラントの評判を耳にして、興味はあるけど不安もある…」このような方が多いのではないでしょうか。当院では、まず事前のカウンセリングを実施し、患者さまの不安点やお悩み、ご質問事項などに細やかにご対応させていただきます。一つ一つ丁寧にご説明させていただき、ご理解・ご納得の上で治療を実施しております。失った歯が取り戻せるインプラント治療です。ご興味を持ちの場合は、ぜひお気軽に当院までご相談ください。無料相談をご利用いただけます。


インプラント治療に関するQ&A

手術で痛みを感じますか?

インプラント治療は外科手術ですが、局所麻酔を施して治療を行ないますので、痛みへの心配は無用です。歯茎に麻酔注射を打つ際の注射針の刺さる痛みにつきましても、前段階として歯茎へ塗り込むタイプの表面麻酔を行ないます。つまり、しびれた状態で麻酔注射を打つことができ、麻酔注射自体の痛みもありません。これらの処置は、経験豊富な熟練の歯科医師が担当させていただきます。仮に手術が長時間に渡り麻酔が切れるような場合でも、迅速に追加麻酔の対応を取らせていただきます。術中に痛みが出ないように細やかな配慮をしておりますので、どうぞご安心ください。


手術の後に腫れや痛みは出ますか?

当院では、大きく歯茎を切開せずにインプラントの埋入が行なえる最新インプラント治療法を実施させていただいております。歯茎の切開自体をほとんど行なわずに治療ができますので、術後の腫れや痛みについてもかなりの部分抑えることができます。もちろん外科手術ですので、元々炎症が出やすいタイプであったり、骨を大きく削るようなケース、骨増生法を用いる場合などに相応の腫れを生じることもございます。このような場合にも消炎鎮痛剤や抗生剤をお渡ししておりますので、比較的早く痛みや腫れを抑えることが可能となっています。


どうしても手術への不安が消えません…

インプラント治療は外科手術になりますので、不安を強くお感じになる場合や、手術そのものに対して強くストレスが現れてしまう場合につきましては、心理面に効果のある処置を施すことができます。具体的には「静脈内鎮静法」という麻酔法や、「笑気ガス」を吸入していただく吸入式の麻酔法をご利用いただけます。事前にご相談いただければ詳しくご案内させていただきますので、お気軽にお声かけください。


高血圧の持病があっても大丈夫?

高血圧の方でも問題なく治療をお受けいただけます。患者さまには様々な体質の方がおられ、高血圧についてもよくお伺いしています。当院では、生体情報モニタを使用し、術前・手中に血圧や脈拍、酸素飽和度などを厳重管理しながら治療を行なっています。容体の変化にも迅速に対応できる環境を整えていますので、どうぞご安心ください。


静脈内鎮静法を使用すれば、不安や恐怖を取り除けます!

インプラント治療は、高度な技術を要する外科的な歯科治療です!

インプラント治療当院では、患者さまのご希望に応じ、静脈内鎮静法というリラックス効果のある麻酔法をご利用いただくことができます。こちらは、歯茎にではなく静脈に直接麻酔薬を注射させていただくもので、不安を取り除いて手術をお受けいただけるものとなっています。

ちょうどお酒に酔ったようなふわふわとした感覚になり、頭もぼんやりした状態になります。時間に対する感覚も鈍化させることができますので、体感として手術時間を非常に短く感じさせる効果があります。実際にこちらの麻酔法を使って手術をお受けになった方は「気づいたら終わっていた」といった感想をお持ちになる場合がほとんどです。

静脈内鎮静法静脈内鎮静法は、痛みの除去という効果自体は低いため、静脈内鎮静法の後に通常の局所麻酔を実施させていただきます。これにより、痛みは局所麻酔が、時間感覚や心理面の不安は静脈内鎮静法がうまく取り除くことができます。 この麻酔法は、麻酔専門医の手によって行なわれるものとなっています。

術中は、生体情報モニタを使用し、心電図や血圧、脈拍などを常に確認しながら患者さまの容体が厳重に管理されます。このため、些細な変化も見逃すことなく必要な処置を施せます。このように、安全性が確立されたものとして、手術に恐れや不安を感じやすい方にとって最適なものとなっています。


静脈内鎮静法をご利用になる際の注意事項

  • 体調不良や発熱症状がある場合は、手術の前にお電話でご連絡ください。
  • 手術当日、開始の4時間前から飲食はお控えください。(手術中に嘔吐した場合の窒息防止を目的としていますので必ずお守りください)
  • 手術当日、マニキュアをせずにご来院ください。(指先に装置を取り付け、動脈血酸素飽和度を精確に測定する必要がございます)
  • 手術当日、締め付けのないリラックスできる服装でご来院ください。ストッキングについても着用をお避け下さい。(血圧などを精確に測定する必要がございます)
  • 手術当日、コンタクトをお使いの方は、コンタクトケースや眼鏡のご用意をお願いします。(術中は、コンタクトレンズをお外しいただきます)
  • 手術当日、ご来院時とご帰宅時、自転車を含めご自身の手による運転はお控えください。 (通常麻酔がスムーズに消えて元の状態に復帰しますが、稀に眠気やふらつきを生じるケースがあります。可能であれば付き添いの方のお出迎えをお願いします)
予約・問い合わせフォーム