クレジットカード

  • 各種クレジットカードの利用が可能です。
  • ※自費診療に限ります

お知らせ

求人情報

facebook

横浜市旭区鶴ヶ峰の歯医者(歯科)|横浜セントラルパーク歯科

  • 横浜市旭区鶴ヶ峰の歯医者(歯科)|横浜セントラルパーク歯科
  • 0120-698-877
  • 平日 / 午前 9:30~13:00 午後 14:30~18:00
  • 土曜 / 午前 9:30~13:00 午後 14:00~17:00
  • 休診日 / 日曜,祝日

子供の矯正

子供の矯正歯科

インビザライン矯正は目立ちません

第Ⅰ期と第Ⅱ期の2段階で治療を実施

矯正治療は、早期治療が何より効果的です。お子さまの成長期にうまくフィットさせた矯正治療を行なうことで、お身体への影響も少なく費用負担も抑えることができます。出っ歯や受け口、歯のでこぼこや噛み合わせなどで気になることがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。矯正治療は、第Ⅰ期の初期治療と第Ⅱ期の本格治療に分かれますが、お口環境を確認させていただき、お子さまに最適な治療プランや治療時期をご提案させていただきます。


第Ⅰ期矯正治療

5歳〜12歳頃に実施する治療

この時期は、乳歯と永久歯が混ざり合った「混合歯列期」と呼ばれます。歯列幅を広げたり、顎の成長を促進(もしくは抑制)することも可能です。取り外せるタイプの矯正装置を使うことが多く、この時期にしっかりと土台を整えます。治療中の痛みもほとんどありません。


MRC矯正(歯並び悪化を予防する習慣改善トレーニング)

MRC矯正とは、マウスピースの装着やトレーニングによって口腔周囲筋に適切に働きかけ、顎や顔の筋肉全体に正常な発育を促す治療法です。月に1度ご来院いただき、MFTと呼ばれる口腔筋機能訓練などを実施します。この訓練により、歯並びを悪くさせる「口の動かし方習慣」を改善させます。結果、顎骨や口回りの筋肉が適切に成長し歯並びも整っていきます。

  • 悪い習慣が改善されるため、悪い歯並びに後戻りすることがない
  • 歯を抜くような治療ではないため、お子さま本来の歯を多く維持できる
  • マウスピースの装着時間が短く、取り外し可能なために負担が少なくなる

第Ⅱ期矯正治療

12歳頃〜成人に対して実施する治療

永久歯が生え揃った後であれば、こちらの矯正治療法を実施します。年齢制限自体はありませんが、歯や身体への負担は相対的に高くなります。このためできるだけ早い段階で治療をスタートした方が良いでしょう。適切に治療を実施すれば、しっかりと噛める美しい歯並びを手に入れることができます。当院ではインビザラインティーンを導入しておりますので、見た目を気にすることなく、矯正が可能です。


お子さまの矯正治療の流れ

無料初診相談

不安や疑問をご確認ください初めてご来院いただく際は、無料カウンセリングをご用意しておりますので、必ずお子さまと一緒にご来院ください。お子さまの歯並びの疑問点や不安点など、気になる箇所をお気軽にご相談いただけます。実際にお子さまのお口の中を確認させていただきながら、考えられる問題点や理想的な治療開始時期などをご案内いたします。

無料初診相談の所要時間は約60分です。

精密検査

インビザライン治療計画策定前の準備検査です

精密検査を行いますお口の模型作製をしたり、レントゲンを撮るなどの精密検査を実施します。これらにより、今後の永久歯の状態や歯と顎骨とのバランスなどを正しく把握します。具体的にどのような治療を実施することになるのか、また治療後にどのような歯並びになるのかなどをご案内いたします。治療に要する期間の目安や費用などもご説明させていただきます。

精密検査の所要時間は約60分です。

歯磨き練習

小児矯正の場合、すぐに矯正装置を付けるのではなく、まず歯磨き練習をしっかりと行ないます。これは、矯正装置を付けた状態での歯磨きは大変手間がかかるためです。また、矯正治療中に虫歯になってしまった場合、矯正治療を一旦中断して虫歯治療を優先せざるを得なくなるからです。各お子さまには矯正前に適切な歯磨き方法をマスターしていただき、矯正中に虫歯になってしまわないように配慮させていただいております。

歯磨き練習の所要時間は約30分です。

治療開始

精密検査を行います矯正装置を装着し、具体的な治療をスタートさせます。顎骨の成長を理想的な方向へ導きながら歯を動かしていますので、定期的にご来院いただき、経過観察や装置の調整などをさせていただきます。この際、歯磨きの練習や虫歯予防処置、歯のクリーニングなどを実施することもあります。

咬合管理をしながらの経過観察

咬合(こうごう)とは、噛み合わせのことを指す専門用語です。永久歯が生えそろって顎の成長が終わるまでの間、噛み合わせにも問題が生じないように丁寧に経過観察させていただきます。

矯正治療終了

咬合(こうごう)とは、噛み合わせのことを指す専門用語です。永久歯が生えそろって顎の成長が終わるまでの間、噛み合わせにも問題が生じないように丁寧に経過観察させていただきます。


小児矯正治療の4大メリット

小児矯正では、顎の成長をコントロールしながら歯の並ぶスペースを確保していくことができます。成人の矯正治療と異なり「顎の成長を利用した矯正治療が実施できる」ということは、スペースが足りなくて歯を削ったり外科手術をする必要がないということを意味します。 顎の位置取りと歯並びを共に理想的な方向へと誘導していくことができますので、無理のないプログラムを組むことができるわけです。これらを踏まえて、小児矯正治療の4大メリットをご確認ください。

① 抜歯を回避した矯正治療を行ないやすい

早期に矯正治療を開始すれば、顎の成長をコントロールできます。これにより永久歯の並ぶスペースを確保できますので、ほとんどのケースで抜歯をしない矯正治療が実現できます。骨の柔らかい時期に顎骨を誘導しながら歯を並べられることは、何より小児治療の大きなメリットです。

② 歯並びのコンプレックス自体が生じない

どのようなお子さまでも、通常思春期になると自分の容姿を気にし始めます。早期に小児矯正治療を実施すれば、思春期を迎える頃にはきれいな歯並びが期待できるため、お口回りにコンプレックスを生じずに大人になれます。周りを意識し始めた時の歯並びの良さは、コミュニケーションへの積極性にも影響を与えますので、そのお子さまの人生全体にプラスの効果が生まれます。

③ 顔貌を整える効果もある

子供の頃から矯正治療を行なうと、顎の成長と共に歯並びがきれいに整いますので、顔立ちのバランスが良くなります。また、顎の成長をより理想的な方向へとコントロールできますので、出っ歯や受け口であっても自然な形へと補正できます。このように、お顔全体へのプラス作用が生まれますので、そのお子さまの対人関係において非常に有意義なメリットとなります。

④ 生涯的な虫歯や歯周病リスクの軽減

歯並びが悪い状態というのは、特定の歯のお手入れが行き届きにくい状態だとも言えます。特に子供のころから悪い状態が維持されると、習慣的にその箇所のみが虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。よって、子供の頃に実施する早期の矯正治療は、生涯的な虫歯リスクや歯周病リスクを軽減させるという点で非常に大きな効果があります。

予約・問い合わせフォーム