クレジットカード

  • 各種クレジットカードの利用が可能です。
  • ※自費診療に限ります

お知らせ

求人情報

facebook

横浜市旭区鶴ヶ峰(白根)の歯医者は口コミ評判1位|横浜セントラルパーク歯科

  • 横浜市旭区鶴ヶ峰(白根)の歯医者は口コミ評判1位|横浜セントラルパーク歯科
  • 0120-698-877
  • 平日 / 午前 9:30~13:00 午後 14:30~18:00
  • 土曜 / 午前 9:30~13:00 午後 14:00~17:00
  • 休診日 / 日曜,祝日

1日で噛めるインプラント

「即日インプラント」で手術当日からお食事していただけます!

即日インプラント当院では、治療当日に白い仮歯までをお入れできる「即時荷重法」をオススメしています。インプラント手術をお受けになって、お帰りいただく時には白い仮歯がついている状態ですので、「歯がない状態」を避けることができます。多くの患者さまに大変喜ばれているものです。従来式のインプラント治療では、インプラント体を埋入した後、約3ヶ月~半年間、歯槽骨とインプラント体が結合するのを待つ必要がありました。

これに対し「即時荷重法」では、無切開・無剥離で行える「フラップレスインプラント」という治療法を用い、治療当日から普段通りにお食事していただけるようになっています。この方法については、既に豊富な臨床データがありますので、科学的・学術的な根拠に基づく安心安全の治療法となっております。また、歯がほとんどない方に関しましては、「ALL ON 4(オール・オン・フォー)」という治療法もご案内させていただけます。こちらも治療期間1日で天然の歯と変わらない「義歯」を装着できる方法です。このように、部分的な歯に対するインプラント治療だけでなく、「歯が全くない」といった方に関しましても日帰りで義歯をお付けいただけるなど、幅広いニーズに対応したインプラント治療をご提供しております。


無切開法(フラップレスインプラント)とは?

無切開法(フラップレスインプラント)無切開法(フラップレスインプラント)とは、歯肉を大きく切開することなく、手術前のコンピュータシミュレーションを徹底し、これを反映させた「サージカルテンプレート(インプラントを埋め込む穴が型取られたガイド)」を用い、無駄なく効率的に安全性を確保した治療を行なうものです。

術中・術後の縫合や抜糸も必要ないため、出血・晴れ・痛みを大幅に減少させることができ、手術時間の短縮・身体的な負担の軽減など大きなメリットがあります。このため、当院が自信をもってオススメする治療法となっています。


「切開法と無切開法の治療の違い

切開を必要とする場合(切開法)

切開を必要とする場合(切開法)

切開

インプラント体(人工歯根)を埋入するため、該当部位の歯肉をメスで切開します。

インプラント体(人工歯根)

インプラント埋入

歯肉を開いて顎の骨(歯槽骨)を露出させ、専用ドリルでインプラント体(人工歯根)を埋め込む穴を開けます。

インプラント埋入

縫合

インプラント体(人工歯根)を埋め込んだ後、再度歯肉を被せて縫合します。

縫合

二次手術

傷口が治癒した後、二次手術を行い上部構造をセットします。


切開を必要としない場合(無切開法)

切開を必要としない場合(無切開法)

パンチング

パンチング機(インプラント専用)を使用し、該当部位の歯肉に数ミリ程度の小さな穴を開けます。

パンチング機(インプラント専用)

ドリリング

「サージカルテンプレート」の穴に合わせて、専用ドリルで穴を開けます。

サージカルテンプレート

初期固定の確認

インプラント体(人工歯根)を埋め込んだ後、初期固定の状態確認をします。

インプラント体(人工歯根)

仮歯装着

骨の状態が良く初期固定が安定していれば、手術当日に仮歯を装着


無切開法(フラップレスインプラント)のメリットについて

  • CT画像を反映させているコンピュータシミュレーションを実践する手術となるため、安全かつ確実に治療が実施できる
  • 切開や縫合が要らない手術となるため、手術時間や治療の回数を短縮できる
  • 歯肉を大きく開く必要がないため、術中・術後の「出血・腫れ・痛み」を大幅に抑制できる
  • 歯茎がスムーズに治癒していくため、お口の中の見た目の安心感も得られる
  • メスを使用しない治療となるため、患者さまの不安をあおってしまうようなことがなくなる
  • 歯槽骨とインプラント体の初期固定が安定していれば、治療当日に仮歯まで装着できる

入れ歯からの画期的な解放 ~手術当日から食べられるインプラント~

インプラント治療は、高度な技術を要する外科的な歯科治療です!

オール・オン・フォー「ALL ON 4(オール・オン・フォー)」と呼ばれるインプラント治療をお受けいただくと、歯のほとんどを失ってしまわれている方の場合でも、手術当日から普段通りにお食事していただけます。多くの歯が失われているケースでは、従来のインプラント治療では歯の本数分のインプラントを顎骨に埋め込む必要がありました。

この治療法では、全てを4本から6本のインプラントで支えることができる画期的な治療法となっています。4つから6つのポイントを支点に全ての歯ががっちりと固定され、天然歯と同じような機能回復を図ることができます。また、骨の移植や造成も必要ないため、インプラントの埋め込みから仮義歯の装着までを1日で終わらせることができます。

ガイデットサージェリーまた当院では、ノーベル・バイオケア社が開発した「ガイデットサージェリー」と呼ばれる手術補助システムを採用していますので、臨床データや治療実績も多く安心してご利用いただけます。

安全に手術が行えるように考えられ、安心してインプラントを受けていただけるものとして世界的な評価を受けています。骨量の少ない方でも安定した固定を実現させるノウハウがございますので、ご興味をお持ちの場合はお気軽にご相談ください(無料相談実施中)。


無切開法(フラップレスインプラント)の手順

患者さまのお口環境に基づいたコンピュータシミュレーションの実施

コンピュータシミュレーション患者さまの口腔環境を詳細に捉えるため、3次元のCT画像データをコンピュータに取り込みます。次に専用のソフトウェアによって、インプラント治療を安全に行なうためのコンピュータシミュレーションを実施します。埋め込む「位置・角度・深さ」などが最適化され、事前に安全性を確保することができます。

シミュレーションを反映させた「サージカルテンプレート」を使用した手術

サンプルイメージコンピュータシミュレーションを反映させ、患者さまのお口にぴったりとフィットする「サージカルテンプレート(インプラントを埋め込む穴が型取られたガイド)」を作成します。手術当日、この「サージカルテンプレート」をお口に装着し、ガイドに沿って専用ドリルで穴を開け、インプラント体をしっかりと埋め込みます。

仮歯の装着により手術当日のお食事も可能!

仮歯の装着シミュレーション通りの手術を終えた後、インプラントと歯槽骨の固定具合を確認します。初期固定レベルで安定性が確保されれば、歯科技工士が作成した仮歯を装着することができます。実際に仮歯を装着した後は、さらにその固定具合や噛み合わせバランスを調整します。問題なければお帰りいただくという流れになり、当日からお食事していただける治療システムとなっています。

予約・問い合わせフォーム