クレジットカード

  • 各種クレジットカードの利用が可能です。
  • ※自費診療に限ります

お知らせ

求人情報

facebook

横浜市旭区鶴ヶ峰(白根)の歯医者は口コミ評判1位|横浜セントラルパーク歯科

  • 横浜市旭区鶴ヶ峰(白根)の歯医者は口コミ評判1位|横浜セントラルパーク歯科
  • 0120-698-877
  • 平日 / 午前 9:30~13:00 午後 14:30~18:00
  • 土曜 / 午前 9:30~13:00 午後 14:00~17:00
  • 休診日 / 日曜,祝日

治療ステップ

インプラント治療の流れ

サンプルイメージ

インプラントの構造と手術法

インプラントの治療については、外科手術が1回で完了する「1回法」と2回手術を実施する「2回法」に大別されます。手術の流れを説明する前に、まずはインプラントの構造についてご紹介します。一本の歯を構成するインプラントは次の3つのパーツで構成されます。

  • インプラント体(人工歯根、フィクスチャーとも言う)
  • アバットメント(上部構造の土台・支台、接続パーツと言うこともある)
  • 上部構造体(人工歯冠、被せ物と言うこともある)

これら3つのパーツが合わさって1本の歯を構成します。それでは、これらを踏まえて手術の流れを簡単にご説明いたします。


1回法の場合(主に骨に問題がなく最小限の切開で済む場合)

精密診断と治療計画

サンプルイメージまず精密検査を実施します。お口の中の写真、レントゲン写真、歯科用CTスキャンの画像などを取得し、患者さまのお口環境を丁寧に診察させていただきます。どのような治療をご希望されているかをお伺いし、シミュレーションを実施しながら治療計画を策定していきます。

お口の中のクリーニング(および初期治療)

サンプルイメージインプラントの治療を実施する前に適切なお口環境に整えます。初期治療として、虫歯や歯周病があった場合はそれらを先に治療します。インプラントは歯周病に弱いという特徴がありますので、仮に歯周病などが見られなかった場合にも、歯のクリーニングを実施させていただき、お口の中の歯垢や歯石を徹底的に取り除きます。これで治療前の準備が整います。

ガイドに沿ったインプラントの埋め込み手術

サンプルイメージ局所麻酔を実施させていただき、シミュレーションを反映させて作成したサージカルテンプレート(=インプラント体を埋め込むためのガイドのようなもの)をお口に装着します。サージカルテンプレートの穴に合わせて精確に歯槽骨に穴を開け、インプラント体を埋入します。手術に際して精神面でのご不安がおありの場合は、静脈内鎮静法や笑気ガスを使った吸入式の麻酔をご活用いただくことも可能です(リラックスした状態で手術に臨めます)。

アバットメントの装着と仮歯装着

手術当日にインプラント体が骨の中で初期固定を確認した後、アバットメント(上部構造の土台)を装着し、仮歯を装着します。

人工歯冠の装着

人工歯冠の完成の後、これをアバットメントの上に装着します。天然の歯とインプラントは構造自体が異なっていますので、高度な専門技術を有した専門医が丁寧に装着を実施します。

定期検査とメンテナンス

インプラントを正しく安全にご利用していただくために、定期的なメンテナンスをお願いしております。人工歯冠の装着後、当初は1週間後、その後は1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月後にご来院していただき、噛み合わせやインプラント周辺も含めたお口環境を確認させていただきます。噛み合わせに違和感を覚えたり、インプラントのご使用面で不安なことや疑問点がございましたらいつでもご相談ください。


2回法の場合(主に骨量が少なく骨の再生を待つ場合)

精密診断と治療計画

サンプルイメージまず精密検査を実施します。お口の中の写真、レントゲン写真、歯科用CTスキャンの画像などを取得し、患者さまのお口環境を丁寧に診察させていただきます。どのような治療をご希望されているかをお伺いし、シミュレーションを実施しながら治療計画を策定していきます。

お口の中のクリーニング(および初期治療)

サンプルイメージインプラントの治療を実施する前に適切なお口環境に整えます。初期治療として、虫歯や歯周病があった場合はそれらを先に治療します。インプラントは歯周病に弱いという特徴がありますので、仮に歯周病などが見られなかった場合にも、歯のクリーニングを実施させていただき、お口の中の歯垢や歯石を徹底的に取り除きます。これで治療前の準備が整います。

ガイドに沿った埋め込み(1回目の手術)

局所麻酔を実施させていただき、シミュレーションを反映させて作成したサージカルテンプレート(=インプラント体を埋め込むためのガイドのようなもの)をお口に装着します。サージカルテンプレートの穴に合わせて精確に歯槽骨に穴を開け、インプラント体を埋入します。手術に際して精神面でのご不安がおありの場合は、静脈内鎮静法や笑気ガスを使った吸入式の麻酔をご活用いただくことも可能です(リラックスした状態で手術に臨めます)。

アバットメントの装着(2回目の手術)

インプラント体が骨の中で安定したことを確認した後、インプラント体を埋め込んだ箇所を再度切開し、インプラント体へアバットメント(上部構造の土台)を装着します。切開した歯茎箇所は、この後約1週間から6週間の治癒期間を必要とします。

人工歯冠の装着

人工歯冠の完成の後、これをアバットメントの上に装着します。天然の歯とインプラントは構造自体が異なっていますので、高度な専門技術を有した専門医が丁寧に装着を実施します。

定期検査とメンテナンス

サンプルイメージインプラントを正しく安全にご利用していただくために、定期的なメンテナンスをお願いしております。人工歯冠の装着後、当初は1週間後、その後は1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月後にご来院していただき、噛み合わせやインプラント周辺も含めたお口環境を確認させていただきます。噛み合わせに違和感を覚えたり、インプラントのご使用面で不安なことや疑問点がございましたらいつでもご相談ください。


麻酔(静脈内鎮静法)もご希望に応じて承りますのでお気軽にお申し付けください

「静脈内鎮静法」をご利用いただくと、長時間の治療となった場合でもリラックスしていただけます。一般的には次のような患者さまに最適なものと言えます。

  • 不安や恐怖心が強い方
  • 器具がお口の中に入ると嘔吐反射を起こしやすい方
  • 持病をお持ちの方でストレスで症状悪化が懸念される方(高血圧や心臓病等)
予約・問い合わせフォーム