クレジットカード

  • 各種クレジットカードの利用が可能です。
  • ※自費診療に限ります

お知らせ

求人情報

facebook

横浜市旭区鶴ヶ峰(白根)の歯医者は口コミ評判1位|横浜セントラルパーク歯科

  • 横浜市旭区鶴ヶ峰(白根)の歯医者は口コミ評判1位|横浜セントラルパーク歯科
  • 0120-698-877
  • 平日 / 午前 9:30~13:00 午後 14:30~18:00
  • 土曜 / 午前 9:30~13:00 午後 14:00~17:00
  • 休診日 / 日曜,祝日

歯周内科

歯を失ってしまう一番の原因が歯周病です!

歯周病

歯周病は、歯肉や歯槽骨など歯の周り組織の病気です。日本人の30代以上で見た場合、80%程度の方が何かしらの歯周病を患っていると言われています。虫歯のように細菌感染によって引き起こされる病気で、初期段階で痛みを感じないために治療が遅れがちになるという特徴があります。


30代以上の方の約8割が歯周病に罹っていると言われています

歯周病は初期段階で痛みを伴わず、ほとんどの場合自覚症状なく進行していきます。このため、歯科医院の定期検診の習慣をお持ちになることが大切です。診察では、患者さま一人一人の歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)の深さを丁寧に測定させていただき、歯周病菌の侵食度合いなどをご説明いたします。


歯周病のメカニズムと症状

私たちの歯は、歯の周りの様々な組織(歯茎・歯根膜・セメント質・歯槽骨)によって支えられています。歯が抜け落ちずにしっかりとお口の中にあるのはこれらの組織の連係プレイによります。歯周病を患った場合、各組織に悪影響を及ぼし様々な症状を引き起こします。

初期段階では「歯茎の炎症」や「出血」が起こります。進行が進むと「歯茎の落ち込み」や「歯のぐらつき」、「歯の根元の露出」が起こります。また「出血がひどく」なり「口臭の悪化」にも悩まされます。このような状態になっても放置していると、強く噛むということがほぼ不可能になり、突如歯が抜け落ちるという事態に陥ります。

できるだけ早めに歯医者さんで治療をお受けください。早い段階で適切に処置すれば、歯を失わずに治すことができます。お口だけでなくお身体への悪影響も報告されていますので、早期治療が何より大切です。


歯を失ってしまう一番の原因が歯周病です!

「痛くなってからでも大丈夫」なんて思わないでください

歯周病菌は、お口の中に留まるのではなく、歯肉の中の血管から侵入して全身を巡ってしまいます。このような結果として、全身に回った歯周病菌は、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・早産など、全身の健康に影響を及ぼすことが報告されています。

糖尿病との関連

糖尿病との関連

歯周病を患うと、サイトカインと呼ばれる物質が一部インスリンの働きを抑制し、血糖値のコントロールを難しくさせます。このため、歯周病患者は糖尿病予備軍だとも言われ、健康な方よりも2倍糖尿病になりやすいとされています。また、糖尿病を患った場合、慢性的な高血糖状態によって唾液の分泌量が減少します。これは、お口の中で歯周病菌が繁殖しやすい環境を作ることを意味します。

心疾患との関連

心疾患との関連

歯周病菌が血管に入り込み冠状動脈にまで到達すると、アテローム(コレステロールや脂肪などの蓄積物)が生成されやすくなります。これが血栓となったり動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や狭心症のリスクを高めてしまいます。歯周病に罹っている人はそうでない人よりも、約2.8倍心疾患になりやすいとも言われています。

早産・低体重児との関連

早産・低体重児との関連

妊娠中に歯周病を患っていると、歯周病菌やサイトカインと呼ばれる物質が血管から胎盤を通じて胎児の成長に悪影響を及ぼしたり、子宮筋の収縮を誘発してしまうリスクがあります。このような結果、早産や低体重児出産に陥りやすいとされています。近年の報告によると、歯周病にかかっている妊婦さんは、健常者と比較して4.3倍程度低体重児出産の確率が高くなると言われています。


大切な赤ちゃんをお守りください~ぜひ歯医者さんでご受診を~

妊婦さんは、妊娠中ホルモン変化の影響を受け、歯茎の炎症を起こしやすくなっています。このため、妊娠中に歯周病になってしまう方も珍しくありません。

歯周病のままお子さまを出産するとなると、早産や低体重児出産のリスクが高まりますので、妊娠のご予定がある場合や、妊娠されたばかりで気になっておられる方は、お早めに歯医者さんをご受診ください。歯周病は予防もできる疾患です。ぜひ一度歯のクリーニングをお受けいただき、万全の態勢でお子さまをお迎えください。


歯周病治療の方法

科学的根拠に基づいた治療プログラムのご提供

当院では、歯周病になってしまった時の処置、歯周病にならないための処置を科学的な根拠に基づいてご案内しています。ご来院いただいた際に、位相差顕微鏡でお口の中の細菌の状態を把握させていただいたり、歯茎の状態や歯茎の溝の深さを数値として適切に捉え、それらを各患者さまにフィードバックさせていただいております。

歯周病を患ってしまっている場合、あるいは歯周病になっていない場合につきましても、検査の後に専用の器具で口腔内をクリーニングさせていただきます。これにより、歯周病の予防効果が期待でき、同時に歯周病治療の下地を作っていきます。また、必要に応じ正しいブラッシングの仕方や、生活習慣の中の改善すべきポイントなどを患者さまに合わせてご提案させていただきます。


軽度歯周病(歯肉炎・歯周炎)の場合

スケーリング

スケーリングスケーリングとは、歯の表面や歯と歯の間、歯と歯茎の隙間の歯垢や歯石をスケーラーと呼ばれる専用器具で丁寧に除去していく処置を指します。歯垢が固まり歯石になってしまった場合、ブラッシングでは落とすことができません。

必ず歯医者さんでスケーリング処置をお受けください。この段階であれば、治療は比較的スムーズに完了します。


中度歯周病(歯周炎)の場合

ルートプレーニング

ルートプレーニングある程度歯周病が進行してくると、歯周ポケットが深くなり、歯茎の奥にまで歯石がこびりついてしまいます。この場合は麻酔処置をして、歯の根元部分(ルート)に付着した歯垢を徹底的に取り除きます(ルートプレーニング)。

痛みや出血を伴いますが、歯垢や歯石を丁寧に取り除くことでその後歯茎は引き締まっていき、やがて健康な状態を取り戻すことができます。


重度歯周病(歯周炎)の場合

歯周炎重度に歯周病が進行してしまうと、歯周ポケットも極端に深くなり、スケーリングやルートプレーニングでは歯石を落としきれない状況となります。外科処置を行ない、歯茎を切開して歯の付け根から歯石を取り除いていきます。

状態に合わせて歯周組織再生療法を取り入れ、歯周病で溶けてしまった骨を回復させる処置を施します。


薬で治す歯周内科治療

歯周内科治療歯周病の原因となる歯周病原性細菌は、内服薬で駆除する方法も見いだされています。「位相差顕微鏡」と呼ばれる光学顕微鏡で、お口の中の細菌の種類や割合を確認し、歯周病の一番の原因となっている細菌を特定、そしてその菌に適した除去薬を処方して治療を行ないます。


予約・問い合わせフォーム