クレジットカード

  • 各種クレジットカードの利用が可能です。
  • ※自費診療に限ります

お知らせ

求人情報

facebook

横浜市旭区鶴ヶ峰(白根)の歯医者は口コミ評判1位|横浜セントラルパーク歯科

  • 横浜市旭区鶴ヶ峰(白根)の歯医者は口コミ評判1位|横浜セントラルパーク歯科
  • 0120-698-877
  • 平日 / 午前 9:30~13:00 午後 14:30~18:00
  • 土曜 / 午前 9:30~13:00 午後 14:00~17:00
  • 休診日 / 日曜,祝日

選ばれる理由

「ガイデットサージェリー」による正確無比な手術

ガイデットサージェリー

ガイデットサージェリーとは?

ガイデットサージェリーガイデットサージェリーとは、ノーベル・バイオケア社が開発したシステムで、インプラントの埋入を精確で安全なものにしてくれるものです。事前撮影したCT画像データを元に「ノーベルガイド」と呼ばれるインプラント埋入シミュレーションソフトが使用でき、手術時に起こり得るトラブル(神経や歯槽骨の損傷)を事前に予測し回避することができます。

また、実際の手術時には「サージカルテンプレート」と呼ばれるインプラント埋入用のテンプレート(どの位置にインプラントを埋め込むかが定められたもの)をお口の中に取り付けることができ、人為的なミスを限りなく抑えることができるものとなっています。

CT画像データを取り込んだシミュレーションの実施やサージカルテンプレートの作成には手間と時間、相応の労力が求められますが、患者さまの安全性を確保すべく、当院ではこのシステムを全てのインプラント治療患者さまに適用させていただいております。


ガイデットサージェリーがもたらす優位性

メリット1.ノーベルガイドでの正確無比な3Dシミュレーション

3Dシミュレーション「ノーベルガイド」と呼ばれるソフトウェアの使用によって、上部構造(被せ物)を装着する際の厳密な術中3Dシミュレーションを実施することができます。

被せ物自体の設計も精確に行なえますので、治療の全工程でその真価を発揮します。仕上がりの精度についても、審美性、機能性に優れ、元の歯に限りなく近い状態をご提供することが可能となります。


メリット2.ヒューマンエラー(人為的ミス)の最小限化

手術前に実施したシミュレーション通りに処置が完了します。手術の当日に最終的な上部構造(詰め物)と同等の仮歯を装着することが可能で、帰宅後も通常通りお食事いただけます。


メリット3.手術のその日も普段通りお食事が可能

手術前に実施したシミュレーション通りに処置が完了します。手術の当日に最終的な上部構造(詰め物)と同等の仮歯を装着することが可能で、帰宅後も通常通りお食事いただけます。


メリット4.フラップレスサージェリー(無切開手術)が可能

ガイデットサージェリーを使用すると、メスで歯肉を切開するような工程が必要なくなります。これは治療回数手術時間の短縮を意味し、費用コストや患者さまのお身体への負担軽減にもつながります。術野(手術部位の視野)を大きく確保できないことがデメリットとされますが、これは医師のスキルとサージカルテンプレートによってフォローされる仕組みとなっています。


歯科用CTの使用

歯科用CT

手術前の骨量のチェックに効果を発揮(最新のKavo社製CTを導入)

骨量のチェック歯科用のX線装置(レントゲン)は、頭頚部(首から上の部位)を撮影することができるものの、写真データが2次元的な画像であるため、たとえば骨の裏側に隠れて重なる神経や血管の位置取りなどを精確に捉えることができません。 一方、CT画像では薄く輪切りした画像データを3次元的に表示させることができるため、部位の内部組織をより立体的に捉えることができます。

インプラント治療では、骨の厚み・位置・形状だけでなく、血管や神経の太さ・位置などを精確に捉える必要があるため、CTの使用はもはや必須とも言える状況です。短時間照射によって被曝量も低減されており、狭範囲撮影が可能で歪みのないクリアな画像を取得することができます。安全で確実なインプラント治療に大きく寄与するものと言えます。


手術後のCT画像とシミュレーションデータの照合

手術後のCT画像とシミュレーションデータの照合当院では、インプラント手術の後にも再度CT画像データを取得し、シミュレーションデータとの照合を行なうことで、安全に正しくインプラントを埋入できているかのチェックも行なわせていただきます。シミュレーションで予定していた位置・角度・深さを正しく検証し、インプラントの安全性を確認させていただいております。


事前に危険部位の位置取りを正しく把握

下歯槽管

下顎の骨の中には下歯槽管と呼ばれるトンネルがあり、この内部を下顎神経(三叉神経の一つ)や血管が通っています。下顎神経は非常にデリケートな組織で、少しの圧力でさえ麻痺を引き起こす可能性のあるものです。このため、これらの組織とは2,3ミリのマージンを確保した治療が必須となります。CT画像を用いることで、これらの位置把握が容易になり、太い神経や血管を傷つけてしまうといった大事故を避けることができるようになっています。

切歯孔

「切歯孔」部分(上顎の前方中央付近の部位)には多くの神経が集中するため、インプラントを上の歯の前歯に埋め込む際には、この箇所に特に注意を要する必要があります。CT画像により、この情報についてもブレなく取得でき、手術の安全性に寄与しています。

上顎洞

歯を失ってしまうと、通常はこの空洞(上顎臼歯部にある空洞)が下側(歯がある側)に広がってしまい、歯を支える歯槽骨の縮小を招きます。日本人は元々歯槽骨が少ないため、歯を既に失ってしまわれている場合は、インプラント埋入に対して骨量不足を招きやすく、事前に骨増生が必要になるケースがあります。この上顎洞の状態確認には、CT画像の3次元データが非常に役に立ち、誤った手術を実施してしまうことを未然に防止することにつながっています。


高品質と実績の追求

鶴ヶ峰インプラント

安全性の担保されたシステムと質の高い人材

システムと質の高い人材当院が採用するインプラント治療の機材や素材は、安全性が確保されたものに限らせていただいております。一つ間違えば重大な事故につながるインプラント治療ですので、信頼性と安全性の実績あるメーカーのみを厳選しています。

たとえば当院のインプラント治療の根幹システム「ガイデットサージェリー(ノーベル・バイオケア社)」は、世界で初めてインプラント治療が体系化されたものです。1965年にインプラント治療が始まって以来、様々な臨床試験を経て確立された信頼性の高いものとなっています。また、クオリティーの高い機材と人材によって、当院のインプラント治療は確かな信頼性を確立しています。


生体情報モニタについて

生体情報モニタ当院は、インプラント手術を実施している間、「生体情報モニタ」を使用させていただいております。これにより患者さまの血圧や脈拍、血中酸素飽和度や心電図などを常に確認でき、状態や容体変化に迅速に対応できるようになっています。特に、高血圧や心疾患をお持ちの患者さま、または治療そのものに強い不安をお持ちの方でも安心して手術に臨んでいただけます。

その他、ベテランの歯科麻酔専門医との連携により「静脈内鎮静法」を取り入れることもでき、リラックスした状態で手術をお受けいただくことができます。


もしもの時のAEDの設置

AED当院ではAEDを常時備え付けています。もしもの心停止が起こった場合などに、電気的なショックによって正常な脈拍を取り戻すことができる装置になります。

診察室だけでなく、待合室にも設置しており、どのような場面でも患者さまの容体変化に迅速に対応できるようになっています。

予約・問い合わせフォーム